ふるさと・きずな維持・再生支援事業

第2回「SORAのきずな勉強会」

20160706_img

「SORAのきずな2016」勉強会として、全5回にわたり東日本大震災による被災動物や動物愛護に関する勉強会を開催します。

第2回は、ぺ弁(=ペットの弁護士)として各方面でご活躍されている細川敦史氏をお迎えし、日頃ニュースで取り上げられている、犬や猫の傷害致死事件や悪質な動物取扱業者の問題など、誰でもよくわかる動物愛護管理法について、参加者からの素朴な疑問に答えるQ&A形式を交えながら勉強会を行います。
動物愛護管理法では、動物は「命あるものである」と記されています。自分の所有する「モノ」をわざと壊しても「もったいない!」と怒られるくらいで済みますが、ペットである犬や猫も理由なく殺傷すれば、「愛護動物殺傷罪」として刑事責任を問われることになります。
仔猫を拾ったけどどうしよう? 動物の虐待現場に遭遇…どうしよう?  飼い犬が他人にケガさせちゃった…など、身近な動物問題をぺ弁が優しく解説します。

勉強会第2部では第一回に引き続き、SORAの代表・二階堂利枝より、「ふくしま地域猫活動」として、福島の方々と一緒に学び協力しながら、福島の地域猫活動について、活動方法などを勉強していきます。

動物が好きな方、動物に関わるお仕事をしている方などぜひお越しください。

【主  催】 特定非営利活動法人SORAアニマルシェルター

【開催日時】平成28年9月21日(水) 18:30〜20:30(開場18:00)

【会  場】福島学院大学 駅前キャンパス(福島市本町2-10)6階 教室7

【定  員】60名(参加無料・要事前申込)

【参加対象者】 福島県にお住いの方、動物愛護に興味がある方

【参加応募方法】下記フォームよりお申し込みいただくか、募集チラシ裏面にご記入の上FAX送信ください

募集締切:平成28年9月10日(土)


講師プロフィール

“hosokawa”「細川 敦史」(ほそかわ あつし)1976年生まれ。弁護士。春名・田中法律事務所所属(兵庫県弁護士会)。ペットに関する事件や裁判にかかわりながら、動物愛護管理法などについてメディアで発信。ペット法学会員。朝日新聞「sippo」にて「おしえて! ぺ弁!」を連載(全21回・2015年5月〜2016年4月)。SORAの会報「アニマルアワー」でも「ペットの弁護士、略してぺ弁」連載中。

後援:福島県/毎日新聞社福島支局/読売新聞東京本社福島支局/産経新聞社福島支局/福島民報社/福島民友新聞社/ラジオ福島/福島テレビ/福島中央テレビ/福島放送/テレビユー福島/ふくしまFM/FMポコ/福島リビング新聞社/Collarふくしま/福島カラー印刷

※会場付近には無料駐車場はございません。公共交通機関をご利用になるか、近隣の有料駐車場をご利用ください。
※開会後の途中入退場はできません。完全ドアクローズとなります。やむをえず当日遅参、または途中退出される方はその旨を事前にご連絡ください。
※会場内での録音、撮影などはご遠慮ください。