ふるさと・きずな維持・再生支援事業

開催要項

20160706_img
20160706_img

「SORAのきずな2016」勉強会として、全5回にわたり東日本大震災による被災動物や動物愛護に関する勉強会を開催します。

勉強会第1部は、福島県でおなじみのラジオアナウンサーで、SORAアニマルシェルターのボランティアである大和田新さんと、一般財団法人動物環境・福祉協会Eva理事長の杉本彩さんをお迎えし、トークセッションを開催します。

勉強会第2部としてSORAの代表・二階堂利枝より、「ふくしま地域猫活動」として、福島の方々と一緒に学び協力しながら、福島の地域猫活動について、活動方法などを勉強していきます。

動物が好きな方、動物に関わるお仕事をしている方などぜひお越しください。

【主  催】 特定非営利活動法人SORAアニマルシェルター

【開催日時】平成28年8月30日(火) 18:30〜20:30(開場18:00)

【会  場】コラッセふくしま(福島市三河南町1番20号)多目的ホール

【定  員】100名(参加無料・要事前申込)

【参加対象者】 福島県にお住いの方、動物愛護に興味がある方

【参加応募方法】

syuryo

※申し込みフォームからの受付は終了しましたが、若干のお席の調整がつくため、当日会場にお越しいただければ、入場できる可能性がございます。

募集締切:平成28年8月19日(金)


講師プロフィール

oowada「大和田 新」(おおわだあらた)神奈川県横須賀市出身。昭和52年、中央大学法学部政治学科卒。同年ラジオ福島入社。学生時代に朗読ボランティアに参加したのをきっかけに視力障害者と交流を持つようになり、一時は福祉関係の職業に就くことも考えたが、「一生福祉と関わっていきたいのなら、福祉を外から見る仕事を選びなさい」という一言がきっかけで、アナウンサーを志す。昨年3月、38年勤めたラジオ福島を定年退職し、現在はフリーアナウンサーとして、ラジオ、テレビ、講演会などで活躍中。生活信条は「明日できる事は今日しない」

 

sugimoto「杉本 彩」(すぎもとあや)幼少の頃から無類の動物好き。芸能界入りした20代、一匹の子猫との出会いをきかっけに個人で保護活動を始める。その後、全国の自治体でのシンポジウムや小学校、民間企業からの依頼で講演活動を行い、全国各地で地域猫活動の推進、アニマルポリスの設立について啓発活動を行う。2014年2月に「一般財団法人動物環境・福祉協会Eva」を設立。翌年2015年2月には、公益法人として認定される。人と動物が幸せに共生できる社会の実現をめざし、精力的に活動している。


後援:福島県/福島市/朝日新聞福島総局/毎日新聞福島支局/読売新聞東京本社福島支局/産経新聞福島支局/福島民報社/福島民友新聞社/ラジオ福島/福島テレビ/福島中央テレビ/福島放送/テレビユー福島/ふくしまFM/FMポコ/福島リビング新聞社/Collarふくしま/福島カラー印刷

※会場付近には無料駐車場はございません。公共交通機関をご利用になるか、近隣の有料駐車場をご利用ください。
※開会後の途中入退場はできません。完全ドアクローズとなります。やむをえず当日遅参、または途中退出される方はその旨を事前にご連絡ください。
※会場内での録音、撮影などはご遠慮ください。