ふるさと・きずな維持・再生支援事業

第4回勉強会 予告編!

次回の勉強会第一部は「災害時でも一緒に暮らせるトレーニング法と使役犬(!?)のお話」ということで、災害時への備えとして日常的にどんなことをわんこと一緒に準備できるのか?などを訓練士の後藤啓寿氏にお話をしていただきます。
その時に使う資料として、今日は後藤さんにSORAで実践しながら、その様子を写真に撮りました!
今回用意したものはこんな感じです↓↓

df8209684d0aff6e80175731a55ba1a9

丈夫な板やスコップ、空のペットボトルをたくさん、クレートと車です☆
そして、一緒に頑張ってくれたのは

13c3c425655a64adf7a6a644b55ae9f2

わんぱくボーイ、シロクマ
シロクマはまだ若く元気いっぱいですが、聞き分けもよく人に褒められることがとっても好きなわんこです
好奇心も旺盛なので、一緒にチャレンジしてくれるかな??
シロクマにとっても、もちろん初めてのことだらけ!!

1803eb24cf3eb0a8d9456a6e32bd5223

私たちも訓練士の後藤さんに教えて頂き、一緒にドキドキしながら実践しました。
シロクマはわんぱくすぎてブレブレですが
このペットボトルや板、クレートがどんな意図で災害対策になるのかは、勉強会当日に後藤さんからお話頂きます。

8ee8dc190db51348c6231f96abfab418

シロクマも途中でペットボトルの山の中からお好みの1本を見つけたようで、そこからはそのペットボトルに夢中に

そのシロクマの好奇心もうまく盛り上げ活用しながら、いろいろと教えていただきました(^^)
今日したから、すぐに災害時にも対応できる!というわけではないので、今日シロクマと一緒にしたことをいかに日常生活に取り込んで定着させていけるかということも、課題の一つです

以前イベント時に「災害時のために、犬用の靴を用意しました」とおっしゃっている方もいたことを思い出し、それも確かに必要なものかも!と新たな発見でした☆
災害時への対策は考え出したらキリが無いかもしれませんが、
少しずつでも、必要な物もこういったトレーニングなども準備できれば、
自分だけでなく周りの飼い主さんや、わんこたちも巻き込みながら災害対策もできそうですね!

どんな時も愛犬を守り抜けるのは飼い主さん
この機会にご一緒に災害時への対策を考えてみませんか??

勉強会の詳細・お申し込みはこちらからどうぞ!