ふるさと・きずな維持・再生支援事業

第5回SORAのきずな勉強会

20160706_img

date

「SORAのきずな2016」勉強会として、全5回にわたり東日本大震災による被災動物や動物愛護に関する勉強会を開催しています。

【主  催】 特定非営利活動法人SORAアニマルシェルター

【開催日時】平成29年1月22日(日) 14:00〜16:30
(受付13:00〜・開場13:30)

【会  場】コラッセふくしま 多目的ホール(福島市三河南町1-20)

【定  員】150名(参加無料・要事前申込)

【参加対象者】 福島県にお住いの方、動物愛護に興味がある方

【参加応募方法】下記フォームよりお申し込みいただくか、募集チラシ裏面にご記入の上FAX送信ください

募集締切:平成28年1月15日(日)
ホームページからのご応募は締め切りました。キャンセルにより席が若干ございますので、事務局(佐藤・080-9017-6511)までご連絡いただくか、当日会場に直接お越しください。


1bu

東日本大震災の被災動物を取り巻く人と動物たちの現状や、より動物と人が共に幸せに生きていくためには、をテーマにトークセッションを行います。第1部前半では、大和田新氏より、芸能活動もされながら動物愛護活動を献身的に行っている杉本彩氏へ、アナウンサーの鋭い観点からお話を伺います。第1部後半では、大和田新氏をコーディネーターとして、兵庫県動物愛護推進員 西風直美氏、SORAアニマルシェルター代表理事 二階堂利枝を交え、今までの活動やこれからどうあるべきかについてパネルディスカッション形式で対談します。


◆講師プロフィール◆

sugimoto

杉本彩 氏

(すぎもと あや)幼少の頃から無類の動物好き。芸能界入りした20代、一匹の子猫との出会いをきかっけに個人で保護活動を始める。その後、全国の自治体でのシンポジウムや小学校、民間企業からの依頼で講演活動を行い、全国各地で地域猫活動の推進、アニマルポリスの設立について啓発活動を行う。2014年2月に「一般財団法人動物環境・福祉協会Eva」を設立。翌年2015年2月には、公益財団法人として認定される。人と動物が幸せに共生できる社会の実現をめざし、精力的に活動している。


oowada

大和田新 氏(コーディネーター)

(おおわだ あらた)神奈川県横須賀市出身。昭和52年、中央大学法学部政治学科卒。同年ラジオ福島入社。学生時代に朗読ボランティアに参加したのをきっかけに視力障害者と交流を持つようになり、一時は福祉関係の職業に就くことも考えたが、「一生福祉と関わっていきたいのなら、福祉を外から見る仕事を選びなさい」という一言がきっかけで、アナウンサーを志す。2015年3月、38年勤めたラジオ福島を定年退職し、現在はフリーアナウンサーとして、ラジオ、テレビ、講演会などで活躍中。生活信条は「明日できる事は今日しない」


西風直美 氏(パネリスト)

(にしかぜ なおみ)兵庫県動物愛護推進員、NPO法人動物愛護教育センター理事。犬猫の保護里親探し、地域猫活動、動物愛護イベントの企画・運営、講演など、活動は多岐にわたる。


neko

平成27年度の福島県(中核市を除く)の資料では、2,154匹の猫が保健福祉事務所(保健所)に引き取られ、そのうち1,826匹の猫が殺処分されています。
福島の地域柄、猫を外で放し飼いにしている方が多く、飼い主が居るのか、居ないのか、そもそもこの猫が自分の猫なのか他の人が飼っている猫なのか…、ご飯はあげてはいるけど、普段どこに居るかわからないことも…。
放し飼いされている猫にとっては自由な面もあるかもしれませんが、飼い主不明として1,603匹(内、1,358匹は仔猫)が保健所に持ち込まれており、そのほとんどは殺処分されているのが現状です。
それらのことを踏まえ、飼い主のモラルの向上と、地域で飼い主不明の猫も不妊手術したり、名札やマイクロチップを装着したり、福島の方々と一緒に学び協力しながら、福島の猫たちを守っていくことを「ふくしま地域猫活動」として活動します。
公益財団法人動物環境・福祉協会Eva 理事長 杉本彩氏から活動についてのお話を伺い、過去開催したふくしま地域猫活動その1〜その4までの事例や方法などを総括します。


主催:特定非営利活動法人SORAアニマルシェルター
後援:福島県/福島市/朝日新聞福島総局/毎日新聞福島支局/読売新聞東京本社福島支局/産経新聞福島支局/福島民報社/福島民友新聞社/ラジオ福島/福島テレビ/福島中央テレビ/福島放送/テレビユー福島/ふくしまFM/FMポコ/福島リビング新聞社/Collarふくしま/福島カラー印刷


koryu

勉強会も今年度予定の最終回を迎えることになりました。毎回ご参加いただく方もおり、参加者同士のコミュニケーションも見られるようになりました。つきましては。今後の福島の動物愛護活動の仲間づくりのためにも、第5回勉強会終了後、動物好き同士が交流する場として、交流会を開催します。第5回の勉強会が初めての方も大歓迎です。ぜひご参加のほどよろしくおねがいいたします。

【開催日時】平成29年1月22日(日) 17:30〜(受付17:00〜)

【会  場】Ki-ichigo(きいちご)コラッセふくしま 12F)

【定  員】40名

【会  費】3500円(税込)

※杉本彩氏は参加しません。
※交流会のみの参加もOKです。お申し込みフォーム内で選択をお願いします。
※参加人数により、内容は変更になる場合がございます。